ページ内を移動するためのリンクです。

【横塚裕志コラム】渋沢栄一は毎日オートミールを食べていた

渋沢栄一は毎日オートミールを食べていたらしい。では、毎日オートミールを食べると渋沢栄一のような行動が実践できるか?それはNOだ。
この例はわかりやすくNOだが、案外似たような誤解が蔓延している。

成功するイノベーションはエコシステムになっている。だから、エコシステムをつくればイノベーションが成功する。これもNOだ。

成功する新規事業は最新のデジタル技術を使っている。だから、デジタル技術を使ったアプリを考えれば新規事業が作れる。これもNOだ。

成功するビジネスはデータを活用している。だから、データを活用することを考えればビジネスが企画できる。これもNOだ。

成功しているDX企業は、DX推進チームが先導している。だから、DX推進室をつくればDXができる。これもNOだ。

DXやイノベーションは化学変化に似ている。変化するための「十分条件」を満たせば変化は起きるが、変化した結果の特徴を調べた「必要条件」では変化は起きない。

しかし、多くの企業や行政機関などが誤解しているように見える。過去に、「データ活用フォーラム」をつくって多くの企業を集める取り組みがあったが、どれも成功していない。データサイエンティストを高報酬で競って採用するブームがあったが、どの企業も成功していないようだ。みんなで集まってオートミールを食べても、渋沢栄一にはなれないのだ。

では、DXを実現する「十分条件は何か」。それが、DBICが発信している「DBIC VISION PAPER」であり、更に掘り下げた「エスカレーションガイドブック(EGB)」の実践が必要となる。

DXを成し遂げるための「十分条件」は、売上至上主義を卒業して自社の社会的な存在意義を明確なステートメントで表現する新しい経営ビジョンと、それを実現するために本業を大きく変革する新しいビジネスモデルのデザイン、そして過去の成功体験や固定概念から脱皮できた人財、そしてビジョンに共感して実践していく土壌である。

この「十分条件」を整えずに、手軽に事例を見てその形を学んでも、それを実施することはできない。スポーツも同じで、プロの映像を見て学んだだけでは、それを再現することはできない。そこに気が付かずに、デジタル案件というシステム開発を繰り返しても、DX事例のセミナーを受講しても、DXは決して実現できない。

なんとか、この「十分条件」を理解していただける方を増やしていきたいと思うのだが、まだまだ私たちの力が足りない。巷には、必要条件があふれかえっている。しかし、あきらめずに着実に、仲間を、いや信徒を増やしていこうと思う。日本企業の10年後はDXの成否に依存していると思うから。

著者紹介

横塚 裕志 Yokotsuka Hiroshi
一橋大学卒業。1973年、東京海上火災保険入社。2007年に東京海上日動火災保険の常務取締役に就任、2009年に東京海上日動システムズ株式会社代表取締役社長就任。2014年より特定非営利活動法人CeFIL理事長となり、2016年にデジタルビジネス・イノベーションセンター(DBIC)を設立、以降代表を務める。DBICでは日本を代表するメンバー企業約30社と共に、DX促進や社会課題の解決に取り組んでいる。
  • 特定非営利活動法人CeFIL 理事長 / DBIC代表
  • 日本疾病予測研究所取締役
  • 富山大学非常勤講師

デジタルビジネス・イノベーションセンター(DBIC)が活動を続ける理由

設立エピソード

2014年、世界で起きていることを肌感覚で確かめるため、半年をかけて世界を回った。そこで感じた危機感を日本企業に正しく伝え、行動を促すための研究会を発足するために奔走。26社の名だたる企業と世界有数の大学と連携し、デジタルビジネス・イノベーションセンター(DBIC)の立ち上げとともに我々のイノベーションジャーニーが始まった。

SHARE