ページ内を移動するためのリンクです。

【横塚裕志コラム】「目的」と「手段」の混同はなぜ起きるのか

「目的」と「手段」をはっきり区別することは、戦略やマネジメントにとって不可欠な基本ですが、日本人はこのことが苦手のようです。

特に、DXとかITの分野では、かなりこの混同が広く行われている。私は、長く情報システム部門でSEをやりましたが、4、5回くらい何度も何度も似たような顧客データベースを構築させられた経験があります。ビジネス側の方が交代する都度、売り上げを増やすには顧客データベースが必要で、そこに集約された情報を使って拡販するのだ、とおっしゃって、システム開発を依頼してくるのです。
しかし、4、5回とも活用されずにお蔵入りとなりました。「目的」が「顧客データベース構築」になってしまい、本来の目的の拡販に関するアプローチが貧弱だったことが原因です。顧客データベースは「手段」であって「目的」ではないのに、混同されてしまったいい例です。

「デジタル庁」は、「目的」なのでしょうか、「手段」なのでしょうか。もちろん、「手段」です。では、デジタル庁が目指すマイナンバーの活用、自治体システムの標準化は、「目的」なのでしょうか。これも「手段」ですが、メディアなどでは「目的」のように書かれています。明解に「手段」ですが、日本中丸ごと「目的」と「手段」を混同しています。政府や自治体がデジタル化を進めることで、「目的」とする何を目指すのか、がはっきりしていません。これでは、巨額の投資をしても私の顧客データベースと同じような「お蔵入り」の運命をたどる可能性が大きいと言わざるを得ません。

「データを活用した新しいビジネス」とよく聞きますが、「データの活用」は「手段」です。「手段を使った新しいビジネス」とは意味のない言葉です。「AIを活用したビジネス」も同様です。手段を語っているだけで、意味をなさない言葉です。
しかし、これらの言葉があまりにも巷に氾濫しているのが気になります。「目的」が設定されていないものを目指すわけにはいきません。だから、そういう掛け声のプロジェクトは成功しません。「目的」が設定されていないことを目指そうとしてもそれは無理ということに早く気が付く必要があります。

なぜ、日本人は「目的」と「手段」を混同してしまうのか。それを自覚しなければ、永遠にその迷路の中で遅くまで残業を続けても何も生まないという結果に苦労し続けることになりはしないか、と危惧しています。
なぜ、混同してしまうのか。それは、「目的」を考える能力がないからでしょう。「手段」を考えるのは簡単ですが、「目的」を考えるのは難しい。難しいからやめてしまうのでしょう。

しかし、「目的」を考えることができない民族はきっと滅びます。大きな額のDX投資をしても「目的」がはっきりしなければ、それは達成されません。その基本中の基本がないがしろにされている状態を早く脱しなければいけないと思います。

では、どうすればいいのか。それをDBICでは、「EGB研究会」で議論しています。

著者紹介

横塚 裕志 Yokotsuka Hiroshi
一橋大学卒業。1973年、東京海上火災保険入社。2007年に東京海上日動火災保険の常務取締役に就任、2009年に東京海上日動システムズ株式会社代表取締役社長就任。2014年より特定非営利活動法人CeFIL理事長となり、2016年にデジタルビジネス・イノベーションセンター(DBIC)を設立、以降代表を務める。DBICでは日本を代表するメンバー企業約30社と共に、DX促進や社会課題の解決に取り組んでいる。
  • 特定非営利活動法人CeFIL 理事長 / DBIC代表
  • 日本疾病予測研究所取締役
  • 富山大学非常勤講師

デジタルビジネス・イノベーションセンター(DBIC)が活動を続ける理由

設立エピソード

2014年、世界で起きていることを肌感覚で確かめるため、半年をかけて世界を回った。そこで感じた危機感を日本企業に正しく伝え、行動を促すための研究会を発足するために奔走。26社の名だたる企業と世界有数の大学と連携し、デジタルビジネス・イノベーションセンター(DBIC)の立ち上げとともに我々のイノベーションジャーニーが始まった。

SHARE