【レポート】人口問題研究会(2017年3月期)第8回

2017.06.09

facebook twitter

2017年6月20日(火)、DBIC/虎ノ門OGにて「人口問題研究会」(2017年3月期)第8回を開催しました。講師は国立社会保障・人口問題研究所の元所長、津田塾大学の森田朗教授。

今回は最終回での成果発表に向けたグループディスカッション。森田朗先生からは「思い込みを捨てて、大胆な優先順位をつける思考ゲームをしてみては」と提案があり、受講者からは「民間企業の自分たちだからこそできる、ビジネス視点のアイデアや参加企業のコラボレーションを考えたい」とのレスポンスがありました。

自らの育児体験から発想する保育サービス、働きたいシニアの実態をふまえたジョブマッチング、少子高齢化社会に最適化したインセンティブ設計など、参加者の一人ひとりが普段の生活でリアルに感じる事象をどうやって自分の組織のビジネスと結びつけるのか、予定時間をオーバーして議論が白熱しました。

次回は6月20日、ついに最終回。受講者からの成果発表が楽しみです。

facebook twitter