【横塚裕志コラム】日本で「データ活用」「AI活用」が進まない理由

2019.06.11

facebook twitter

DBIC代表の横塚裕志です。2019年10月から新プログラム「Data Business Lab」を開始します。DBICの活動を通してどのような課題に直面し、なぜこのプログラムが誕生したのかの背景を整理しましたので、ぜひご一読ください。

活用が進まない原因はどこにあるのか?

日本で「データ」や「AI」を使ったビジネスが進みにくい原因は、それを活用したがっているビジネス側にあることが多いのではないかと感じています。

こんなことを言うと、ビジネス側から「エンジニア側が活用方法を提案してくれないからだ」と反論を受けてしまうかもしれませんが、本質的なボトルネックは、ビジネス側のこういった思考停止状態にあるのではないでしょうか。つまり、活用する側にこそスキルが欠如しているのです。

「何でもいいからデータを活用してみてくれ、あとはこちらで選択する」というビジネス側からのアプローチは何も生み出しません。これを続ける限り、どんな高額報酬のデータサイエンティストを採用しても何も始まらないのです。

なぜビジネス側は思考停止してしまうのか?

ビジネスのどの部分で顧客価値を上げたいのか。あるいは、どのプロセスに焦点を当ててデータを活用し、大幅なコスト削減を実現するのか。これらのことを考えるのはビジネス側の役割であり、実践のためには具体的なスキルとトレーニングが必要です。

自分がビジネス側に所属している、というだけでビジネスの構造が理解できていると思い込んでしまうのは幻想だと私は考えています。そしてこれは、今に始まった話ではなく、1990年代に「IT活用」と言われ始めた頃から同じ状況が続いており、日本では未だにITすらも本当の意味では活用されていないのが実態ではないでしょうか。

ただし、日本における行政や研究機関、そしてベンダーのプレゼンテーションを見ていると、「データの活用」からスタートするケースがほとんどであることも事実です。これでは、ビジネス側が思考停止してしまうのも無理はありません。

海外の「当たり前」と日本のギャップ

DBICが提携しているスイスのビジネススクールIMDのプログラムにおいて、「データ活用とAI」を専門とするIMD教授を東京にお招きし、講義をしていただく機会がありました。その際、講義が「データ活用」から始まったので、あわてて私が質問をしました。


Amit Joshi IMD教授

「いきなり『データ活用』からスタートすると、ビジネステーマが決まっていないためにプロジェクトが進まなくなってしまうケースが日本では多いのです。ビジネステーマの探求から講義を始めるべきではないでしょうか?」

それに対して教授は「ビジネステーマからスタートするのは当たり前のことです。私は『自分のビジネスでチャレンジしたいテーマがある』という参加者に向けて『どのようにデータを分析することで、そのテーマを解決していくか』を講義しています。ビジネステーマを持たずにこの講義を聴く人を対象にしていません」と答えました。

また、シリコンバレーのグーグル本社でAIのチームリーダーを務めた後に独立し、日本で日本企業のサポートを始めている方から、こんな悩みを聞きました。「日本の企業に呼ばれていくと、『何とかデータを活用したいのでサポートしてほしい』と頼まれるケースが多いです。しかし、それではサポートのしようがありません。具体的なビジネス課題まで掘り下げて成果を求めていないからです」

ビジネス側のためのトレーニングをDBICが開催

イノベーション、そして新規ビジネスを起こすには、最初に「プロブレムステートメント(課題の定義)」を描くことが世界標準かつ必須条件である、とDBICは繰り返し発信しています。

同様に、データ活用やAI活用のためにも「プロブレムステートメント」が必須であり、これはビジネス側が考えるべき重要な仕事です。日本企業が最初に注力すべきは、適切な「プロブレムステートメント」を描くためのビジネス側のトレーニングであり、それが十分でない限り、いくら優秀なデータサイエンティストを採用してもデータやAIを有効活用することはできません。


横塚裕志(左)と堅田洋資様(右)

DBICでは、このビジネス側のトレーニングに特化した新プログラム「Data Business Lab」を2019年10月から開催します。講師には「横塚裕志が聞きたいシリーズ第13回:AIでビジネスインパクトを出すための方法論 ~ビジネスとデータの橋渡し役に求められる思考法~」にご登壇いただいた株式会社データミックスの堅田洋資様をお迎えし、3ヶ月(全6回)のプログラムとなります。

ビジネステーマを探求する能力を持った社員育成のために、DBICメンバー企業からのご参加をお待ちしております。

関連リンク

横塚裕志コラム一覧

執筆者紹介


横塚 裕志
一橋大学卒業。1973年、東京海上火災保険入社。2007年に東京海上日動火災保険の常務取締役に就任、2009年に東京海上日動システムズ株式会社代表取締役社長就任。2014年より特定非営利活動法人CeFIL理事長となり、2016年にデジタルビジネス・イノベーションセンター(DBIC)を設立、以降代表を務める。DBICでは日本を代表するメンバー企業約30社と共に、DX促進や社会課題の解決に取り組んでいる。

  • 特定非営利活動法人CeFIL 理事長 / DBIC代表
  • 産業技術総合研究所 研究評価委員会(情報・人間工学領域)委員長
  • 高崎商科大学アドバイザリーコミッティーメンバー
  • 日本ビジネスプロセスマネジメント協会副会長
  • インフォテック株式会社 取締役
facebook twitter