【横塚裕志コラム】スタートアップの熱い魂に、カツを入れられた

2019.09.18

facebook twitter

DBIC代表の横塚裕志です。2019年9月9日(月)、株式会社テーブルクロス代表の城宝薫さんに「横塚裕志が聞きたいシリーズ」にご登壇いただきました。イベントで語られた激動のエピソードにも圧倒されましたが、終了後の夕食時の会話で更に彼女から学んだことをお伝えします。

台風を困難と思わない情熱

イベント前日の深夜から台風15号が関東に上陸し、各地に爪痕を残しました。当日は朝から交通機関の計画運休が実施され、交通網は完全にマヒ状態。それを受けて、DBICもこの日ばかりは午後からのオープンとしました。

「今朝はゆっくり出社されたのですか?」夕食の席で、私は城宝さんになにげなく聞きました。

彼女は「朝9時から取引先と打ち合わせでした」と、こともなさげに答えました。

なんでそんなことを聞くの? といった雰囲気の、その平然とした表情に私は彼女のすごさを感じました。雨風も激しく、交通機関も機能しない状況下で、それを困難と思わない彼女の生きざまに、起業家の熱量、迫力を見ました。

たぶん、私の体に24万ボルトの電気が走ったと思います。

無自覚だった大企業病に気付かされた

「やりたいことがいっぱいある」
「考える時間はせいぜい3分。すぐに誰かに連絡している」
「時間がもったいない」
「もうちょっと頑張れば、途上国の子供たちにより多くの給食を届けられる」

言葉の端々から伝わってくる彼女の熱量を前に、私は自らの大企業病を恥じました。

「こういう天気の時は無理して会社に行くことはないんだ。テレワークなり在宅勤務なり、やり方はいろいろある」という自分の認識が、いかに甘ったれたものあるかを思い知らされたのです。

一刻でも早く、やりたいことがある

もちろん、ブラック企業を推奨しているわけではありません。形式的な会議であれば省略すればいいし、デスクワークであればどこでやってもいい。そういう方法論を議論したいのではありません。

「一刻でも早く、やりたいことがある」という熱量を持つことの尊さに胸を打たれたのです。
私も含めた大企業の社員にこの熱量はない。

彼女のこの熱量こそがイノベーションを巻き起こす原点なのだ、と教えていただきました。

26歳の若者から学んだこと

「どのように進めるか」という方法論に、彼女は興味がありません。

そのため「目の前の壁が高いから大変だ」とか「難しい」とは考えない。とにかく「やりたいこと」が目の前にあり、それを何とか乗り越えることばかり考えている様子でした。

ひたすら一緒に壁を乗り越えることができる人を探してがんばる。それを平然とやっているのです。

悔しいけれど、26歳の若者から多くのこと学ばせていただきました。

「しっかり生きよう」

関連リンク

横塚裕志コラム一覧

執筆者紹介


横塚 裕志
一橋大学卒業。1973年、東京海上火災保険入社。2007年に東京海上日動火災保険の常務取締役に就任、2009年に東京海上日動システムズ株式会社代表取締役社長就任。2014年より特定非営利活動法人CeFIL理事長となり、2016年にデジタルビジネス・イノベーションセンター(DBIC)を設立、以降代表を務める。DBICでは日本を代表するメンバー企業約30社と共に、DX促進や社会課題の解決に取り組んでいる。

  • 特定非営利活動法人CeFIL 理事長 / DBIC代表
  • 産業技術総合研究所 研究評価委員会(情報・人間工学領域)委員長
  • 高崎商科大学アドバイザリーコミッティーメンバー
  • 日本ビジネスプロセスマネジメント協会副会長
  • インフォテック株式会社 取締役
facebook twitter