ページ内を移動するためのリンクです。

デザインシンキング・ワークショップ

6DSC_0280-e1498738404301.jpg

デザインシンキング・ワークショップ

(2020年度は中止) フィールドワーク、ユーザーの観察、ペルソナの作成、プロトタイピングと改善、そして成果物の発表まで、デザインシンキングの基礎となる知識とプロセスを集中的に学ぶことができます。発想を「企業目線」から「お客様目線」に転換するためのプログラムです。

こんな方におすすめ

  • DBICメンバー企業(役職制限はありません)
  • 実務でデザインシンキングを活用するチームリーダー
  • デザインシンキングを実体験して理解したい方

本プログラムの3つのポイント

  1. 稀有な世界の講座を日本で学べる

    シンガポール国家戦略を支えるデザインシンキングの講師のナビゲーションにより、本質を理解する4日間の実体験プログラム

  2. 顧客視点デザインで考える

    発想を「企業目線」から「お客様目線」に転換するため、初日から机上でなく、リアルのフィールドワークに飛び出す実体験プログラム

  3. 未来を行き来し具現化する

    内外のネットワーク、コミュニティの協力を得ながら、未来の潮流を掴み、共有し、共にアイデアを生み出しプロトタイプまで実践を行う。

講師紹介

ティエリ・ドゥ Thierry Do
フランスの高速鉄道のメーカーで2階建て車両という「新しい旅客体験」を 創造する工業デザイナーとして務める。デザイナーや政府のコンサルタントとしてのキャリアを積み、デザイン思考を通じシンガポール企業の競争力を高めるために、ふたつの国家プログラムを主導した稀少な経験を持つ。
シャン・リム Shang Lim
広告、マーケテイングとコミュニケーションを通じて、インターナショナル ブランドや地元企業と、概念化からデザインの導入、視覚的商品の製品化の陣頭指揮を執り、ブランドの存在感を創造してきた。様々な業界でのデザイン戦略に精通、多くのプロジェクトを主導し、レクチャーのみならず、実践の現場で豊富なコンサルティングを行ってきたプロフェッショナル。

参加条件

  • 対象

    メンバー企業(1社につき1名様無料)

  • 参加費

    DBICメンバー企業: メンバー企業1社につき1名様無料
    ※2人目様からは25万円(税別)
    ※2人目様以降につきましては申込状況により調整させていただきます。
    事務局から確定連絡後、請求書 の発行先をお知らせください。
    ※見積書が必要な場合はお知らせください。

過去の開催レポート

参加者の声

世界情勢から見て、現在の日本は歴史的に重要な「分水嶺」に居る。今こそ日本の外に出て、新しいイノベーションエコノミーの中で勝ち上がるチャンスがある。テクノロジーだけでなく、正しいカルチャーが必要。

イノベーションとは「問題が何か」を定義することから始まる。その問題の解決のために複数の企業が協力し、バックグラウンドの異なるメンバーとチームを組んで働くことが欠かせません