【終了】横塚裕志が聞きたいシリーズ第12回:髪の毛で音を感じるデバイス「Ontenna」で、ユニバーサルなサウンド体験を創造しよう

開催日: 2018年12月6日(木)

私たちの日常生活には「音」によるコミュニケーションが溢れています。ところが、ろう者にとって「電話が鳴る音」や「掃除機が立てる音」といったサインに気づくことは難しく、日常生活を送る上でハードルになってしまいます。

Ontennaは上記のような、ろう者の体験を通して「まるで、猫のヒゲが空気の流れを感じるように、髪の毛で音を感じることのできる装置」をコンセプトに生まれた新しいユーザインターフェースです。

ろう者の生活サポートはもちろん、健聴者にとってもOntennaはスポーツ観戦やコンサートなどで新しいサウンド体験を提供できる可能性を秘めています。開発者の本多達也様と共に、ろう者・健聴者を問わないユニバーサルなビジネスを創造してみましょう。

スピーカーのご紹介


本多 達也 様
富士通株式会社 マーケティング戦略本部 Ontennaプロジェクトリーダー
1990年香川県生まれ。大学時代は手話通訳のボランティアや手話サークルの立ち上げ、NPOの設立などを経験。人間の身体や感覚の拡張をテーマに、ろう者と協働して新しい音知覚装置の研究を行う。2014年度未踏スーパークリエータ。第21回AMD Award 新人賞。2016年度グッドデザイン賞特別賞。Forbes 30 Under 30 Asia 2017。Design Intelligence Award 2017 Excellcence賞。現在は、富士通株式会社マーケティング戦略本部にてOntennaの開発に取り組む。

横塚裕志のコメント

28歳の若者が命をかけて開発したこのOntennaを、みんなでさらに価値のあるものにしていきたいですね。

タイムテーブル:

2018年12月6日(木)
15:30 ドアオープン
16:00〜16:30 プレゼンテーション
16:30〜17:30 Ontennaワークショップ&ディスカッション
17:30〜懇親会

「横塚裕志が聞きたいシリーズ」とは?
「世の中の変化を正しく捉え、国内企業のデジタル活用を支えたい」というDBIC代表の横塚の思いからスタートした「横塚裕志が聞きたいシリーズ」。
横塚がチョイスしたデジタル社会で勝ち残るために知っておくべき情報について、先進企業やベンダー企業のリアルな声を皆さまにお届けし、ディスカッションの場をご提供します。

会場

DBIC Tokyo
東京都中央区日本橋1-16-3 日本橋木村ビル4F
アクセス
※DBICの日本橋への移転後の開催となりますのでお間違えのないようにご注意ください
※1F奥にあるインターフォンで「403」を呼び出してください

対象

DBICメンバー企業/DBICサポーター

参加費

無料

定員

30名
※ワークショップ開催のため、定員を設けています。
※ご応募が多数の場合は先着順とさせていただきます。

お申込み方法

DBICイベント事務局からのメンバー向けに配信するメールにてご案内のURLよりお申し込みください。

広報写真撮影について

イベント開催中にはDBICスタッフが広報写真を撮影し、Facebook等への掲載を行ないます。お顔出し不可の場合は前日までにメール(eventmaster@dbic.jp)にてご連絡いただくか、当日イベント開始前にお近くのDBICスタッフまでお声がけください。

メンバー企業を募集しています

DBICが開催するイベントに関する記事をご覧いただき、ありがとうございます。DBICでは理念や活動に賛同してご協力くださるメンバー企業を募集しています。「入会お問い合わせページ」よりお気軽にお問い合わせください。

最新のDBICメンバー企業様一覧もあわせてご確認ください。