第3回 経営幹部向け海外探索ミッション:スイス&デンマーク

開催日: 2019年9月29日(日)10月4日(金)

産業革命発祥地欧州が先進的に取り組んでいるDXに学ぶ! 日本企業が学ぶべきは欧州の大企業DXモデル

2019年9月29日(日)〜10月4日(金)に実施する経営幹部向け海外探索ミッションは、シリコンバレーへの関心が中心になりがちな日本企業にとって情報が届きづらい、ヨーロッパの人口1,000万人以下の中堅国家2か国に焦点をあててプログラムを組みました。

ヨーロッパの中堅国家には多くのグローバル企業が存在し、デジタルトランスフォメーション(DX)に果敢に挑戦をしています。シリコンバレー企業とは異なり「デジタルネーチャー」ではない歴史を持つヨーロッパの大手企業は、日本の大手企業との類似点が多いのです。

今回、DXの推進国家であり、多くの伝統ある大手企業が本部を構え、SDGsの取り組みが進んでいる欧州中堅国家であるスイスとデンマークを訪問します。以下の3項目をメインテーマにした合計6日間のプログラムです。

  • スイスのイノベーションプラットフォーム「デジタルスイス」との対話でヨーロッパのイノベーションモデルを学ぶ
  • 世界幸福度ランキング2019年度第2位のデンマークで、社会課題をデザイニングの力で解決するイノベーションモデルについて、DBICからの訪問者専用にカスタマイズされた1.5日間のプログラムを受講
  • IMD世界競争力研究所デジタル競争力ランキング2019の発表会に特別参加

一般的な「視察ツアー」では決して体験できない、DBIC提携先のIMDやデニッシュデザインセンターとのコラボレーションによって実現する海外探索ミッションにぜひご参加ください。

【1日目】9月30日(月)午前:スイス
JTインターナショナルでのキックオフ


Photograph by Adrien Barakat
プログラム初日の朝はスイス、ジュネーブのJTインターナショナル(JTI)本社で幕を開けます。DBICメンバー企業である日本たばこ産業(JT)の国際部門であるJTIは、世界70カ国に拠点を構え、100カ国籍以上の社員が在籍しています。2015年に竣工したばかりのJTI本社にて、真にグローバルな企業カルチャーを見学し、今回の海外探索ミッション全体のブリーフィングを行います。

【1日目】9月30日(月)午後:スイス
デジタルスイスとの交流会


スイスには「スイスを世界のデジタルイノベーションのハブの中心に」をテーマに掲げた企業プラットフォームである「デジタルスイス」があります。日本のDBICと同じ目標を掲げていますが、参加する企業数や団体、教育機関の総数が150以上と、規模では大きく上回っています。

初日の午後はローザンヌのIMDに移動し、デジタルスイスのステアリングメンバー(運営委員会)の皆様との交流会を通して、ヨーロッパ企業のイノベーションへの取り組みの最前線を学ぶことができます。

【1日目】9月30日(月)午後〜夜:スイス
IMDツアーと国際競争力研究所の世界デジタルランキング発表会に特別参加


すっかりDBICのフラッグシップ・プログラムとして定着したマイケル・ウェイド教授による「DBIC-IMD デジタルビジネス・トランスフォーメーションプログラム」を中心に、DBICとの連携を強化している世界トップクラスのビジネススクールIMDのローザンヌ本校を見学し、プレゼンテーションを受けます。

また、当日夕方から開催される「IMD国際競争力研究所の世界デジタルランキング」の2019年度発表会に招待されており、夜のレセプションにてIMDやヨーロッパ企業幹部とのネットワーキングも可能になっています。

参考:IMD国際競争力研究所の世界デジタルランキング2019年の紹介動画

【2日目】10月1日(火)午前〜午後:スイス→デンマーク
デジタルスイス本部訪問とデンマーク移動

2日目は昼からローザンヌを出て世界的な金融の中心地、チューリッヒの「デジタルスイス」本部に向かい、見学とディスカッション、ネットワーキングを行います。
その後、夕方の飛行機でデンマークの首都コペンハーゲンに向かいます。

【3日目】10月2日(水)終日:デンマーク
デニッシュデザインセンターでソーシャルデザイン講義


デニッシュデザインセンターは国立の研究機関として1978年に設立され、長期に渡って家具に代表される「北欧デザイン」を中心にデザインとビジネスをつなぐプラットフォームとして活動してきました。

近年になり、SDGsに代表される社会課題とビジネスを結ぶデザインの役割が高まったことを受け、2016年に「Design Cities」「Future Health」「Design Startup」「Design Resource」「Next Business」という5つのプラットフォームからなる新戦略を打ち出しました。

公式ブログにおいて「The SDGs – a GOLDEN OPPORTUNITY for Denmark(SDGsはデンマークにとって黄金のチャンスだ)」と発信するなど、社会課題の解決に向けたデザインの貢献を訴えています。また、企業へのデザインシンキング等の普及にも力を入れ、2016年から2018年にかけて開催したプログラムには6,000人以上の経営者や企業幹部、デザイナーが参加しています

今回のプログラムでは、2018年にBLOXと呼ばれる運河沿いの複合施設に移転したデニッシュデザインセンター本拠地を訪問し、DBICメンバー企業幹部向けに用意された「SDGsのソーシャルデザインとイノベーション時代のリーダーシップ」と題する特別講義に終日参加。

DBICが2019年の活動方針として発表した「Social Innovation by Design」の最先端を体験できる貴重な機会としています。

【4日目】10月3日(木)午前〜午後:デンマーク
デニッシュデザインセンターで学んだソーシャルデザインの実例を体験


講義は4日目の午前中で終了し、午後からはコペンハーゲン市内の各所で、ソーシャルイノベーションの実例を見学します。訪問先はイノベーション教育、リサーチ、インキュベーションの中核となるインタラクションデザイン研究所(Copenhagen Institute of Interaction Design)、コペンハーゲンスマートシティ、フィンテックラボを予定しています。

【5日目】10月4日(金)午前:デンマーク
デニッシュザインセンターで内部レビュー


午前はデニッシュデザインセンターの会場をお借りし、今回のプログラム参加者によるレビューとディスカッションを行いプログラム終了。昼に現地で解散します。

開催概要

期間

2019年9月29日(日)〜10月4日(金)13:00現地解散
※9月3日(火)16:00 – 17:30 にDBIC Tokyoにて本プログラム参加者を対象に、デンマーク大使館の商務官が講師を務める事前学習会を行いますのでご出席ください。

推奨ホテル

参加者費用負担

  • ホテル料金
  • 日本→ジュネーブ(往路フライト料金)
  • チューリッヒ→コペンハーゲン(10月1日:LX1272便フライト料金)
  • コペンハーゲン→日本(復路フライト料金)

DBIC費用負担

現地での地上移動交通費、昼食代、夕食2回程度、通訳費用、現地でのプログラム(特別講義やイベント等)参加費用についてDBICメンバー企業1社あたり1名無料(2名以降は有償)

推奨旅行代理店

本プログラムでDBICは旅行代理店として東武トップツアーズと提携しています。航空券やホテルの予約等で旅行社の手配が必要な場合は以下の連絡先へのご相談を推奨します。

東武トップツアーズ株式会社 東京法人西事業部 第3営業部
大手 健次(おおて たけし) / 洞田 沙也加(ほらた さやか)
TEL: 03-5212-7103 FAX: 03-5212-7096

※なるべく上記の推奨ホテルにご宿泊ください
※ホテル料金、日本→ジュネーブ/コペンハーゲン→日本の推奨フライトと料金についてはメンバー向け案内メールをご参照ください
※一部の食事で実費をご負担いただくことがあります
※最終日はコペンハーゲン現地解散となります

スケジュール詳細

2019年9月29日(日) 日本から各自ジュネーブへ移動
ジュネーブ国際空港から各自移動、宿泊
2019年9月30日(月) 午前:JTインターナショナル訪問と全体のプログラム説明。終了後ローザンヌIMDに移動
14:00〜16:00:IMDにてデジタルスイスステアリングメンバーとのイノベーション交流会
16:30〜17:30:IMDキャンパスツアーとプレゼンテーション
18:00〜:IMD国際競争力研究所の世界デジタルランキング発表会に特別参加
夜:IMDにてレセプション
2019年10月1日(火) 10:00〜:チューリッヒに移動しデジタルスイス本部訪問
夕方:全員でチューリッヒからコペンハーゲンに移動(LX1272便)
コペンハーゲン国際空港からバスにて移動、食事、宿泊
2019年10月2日(水) 終日:デニッシュデザインセンターにて「SDGsのソシアルデザインとイノベーション時代のリーダーシップ」講義
2019年10月3日(木) 午前:デニッシュデザインセンターにて講義の続き
午後:インタラクションデザイン研究所、コペンハーゲンスマートシティ、フィンテックラボ訪問
2019年10月4日(金) 午前:デニッシュデザインセンターにてプログラム参加者によるレビューとディスカッション
午後:自由時間(現地解散)

対象

DBICメンバー企業の経営幹部クラス(または候補の方)

お申込み期限

2019年7月19日(金)

お申込み方法

DBICイベント事務局からのメンバー向けに配信するメールにてご案内のURLよりお申し込みください。
※DBICへのお申込み確認後、手配のため旅行会社申込書をお送りします。

広報写真撮影について

イベント開催中にはDBICスタッフが広報写真を撮影し、Facebook等への掲載を行ないます。お顔出し不可の場合は事前にメール(eventmaster@dbic.jp)にてご連絡ください。

メンバー企業を募集しています

DBICが開催するイベントに関する記事をご覧いただき、ありがとうございます。DBICでは理念や活動に賛同してご協力くださるメンバー企業を募集しています。「入会お問い合わせページ」よりお気軽にお問い合わせください。

最新のDBICメンバー企業様一覧もあわせてご確認ください。