コペンハーゲンの世界トップクラスデザイン教育機関「CIID」が日本初開催するワークショップにDBIC専用枠を確保

開催日: 2020年2月10日(月)21日(金)

2019年の「第3回 経営幹部向け海外探索ミッション:スイス&デンマーク」で訪問したCIID(Copenhagen Institute of Interaction Design = コペンハーゲンインタラクションデザイン研究所)が、2020年2月に日本でウィンタースクールを初開催します。

CIIDの提唱する北欧型インタラクションデザインは、クリエーティブな発想からソーシャルインパクトを創造しビジネスにつなげていくことを目指しています。日本国内でも、2018年5月に経済産業省 特許庁が発表した「デザイン経営宣言」において、デザイン発想を経営の視点にも取り入れようとする取り組みが始まっています。

世界中から参加者が集まる本プログラムに、今回はDBIC専用枠として20人分をご用意しました。メンバー企業1社につき1名まで参加費(1ワークショップあたり定価2,550 USD)を無料でご参加いただけます。

「CIIDウィンタースクール」はプロトタイピングやサービスデザインといった手法をワークショップ型のセッションを通じて実践的に身につける機会となります。本スクールの授業は全て、ジェンダー平等・気候変動・持続可能な生産消費といったSDGsで掲げられているテーマに沿ってつくられています。参加者は5日間にわたって課題解決に取り組み、8つのコースごとに異なるビジネスデザインのアプローチを体験し、習得を目指します。

このワークショップの最大の価値は、素晴らしい講師陣と多くの参加者が世界中から参加する環境の中で、通訳付きで世界有数のプログラムが受講できる事です。

ウィンタースクールの期間は2週間。SDGs関連テーマに沿って1週間につき5日間のワークショップが4種類、計8種類開催されます。DBIC専用枠での参加希望者はこのうちひとつのワークショップを選択して2019年12月18日(水)17:00までにお申し込みください。

12月18日(水)に締め切り後、申込状況により以下の調整を行いますので予めご了承ください。

  • 申し込みが20社20名を超える場合は抽選とします。
  • DBIC枠が空いている場合は、2名以上または2ワークショップ以上の無料での参加が可能です。空いていない場合は有料の一般参加としてCIIDに直接お申し込みいただきます。
  • さらにワークショップ毎の定員がありますので、ご希望のワークショップが満席になった場合は調整をお願いすることがあります。

なお、本プログラムは電通が主催し、会場も電通の東京本社ビルです。8種類のワークショップの概要などプログラムの詳細は以下の電通の紹介ページをご参照ください。

コペンハーゲンのデザイン教育機関CIIDがウィンタースクールを日本で初開催(電通)

※DBIC専用枠の申し込みはメンバー企業宛にお送りするメールのリンクから受け付けますのでご注意ください。
※2020年2月12日(水)と19日(水)の午後半日、本プログラムの講師陣との対話に特化した「Lightning Talks」(ウィンタースクールの受講者は参加が前提です)が開催されます。こちらへのDBICメンバー企業専用枠もご用意しています。詳細については別途ご案内します。

CIIDについて

CIID(Copenhagen Institute of Interaction Design = コペンハーゲンインタラクションデザイン研究所)は2006年にコペンハーゲンで創立されたデザイン教育機関。人とモノだけでなく、技術・コミュニティ・社会・環境などあらゆるものごとが相互に作用する(関わり合う)デザインを考える『北欧型インタラクションデザイン』を提唱し、クリエーティブな発想からソーシャルインパクトを創造しビジネスにつなげていくことを目指しています。
トップ企業から優秀な人材が受講するサマースクールを毎年コペンハーゲンで開催したり、ビジネスの中心で活躍するクリエーティブ人材を多く排出するなど世界からの注目度も高い教育機関です。

ウィンタースクールについて

本スクールの参加者は8つあるコースからひとつを選び、 5日間を通してコース毎に異なるビジネスデザインのアプローチを体験・習得することを目指します。
すべての授業はジェンダー平等・気候変動・持続可能な生産消費といったSDGsで掲げられているテーマに沿って構成されており、世界のトップ企業から優秀な人材が派遣される「CIID Summer School」と同じ内容を体験することができます。

CIID Summer School Copenhagen 2018 from CIID on Vimeo.

開催日程

Week1:2020年2月10日(月)〜14日(金)
Week2:2020年2月17日(月)〜21日(金)
各日 10:00〜18:00
※2月11日(火)は祝日開催です。

実施予定のワークショップ

Week1

  • People-Centered Research
  • Service Design
  • Intro to Interaction Design
  • Prototyping as a Process

Week2

  • Designing for Impact & Inclusion
  • Designing Interactive Spaces
  • Change Management through Design
  • Future Casting

※各プログラム定員20名
※英語での講義となります(同時通訳あり)

会場

株式会社電通 東京本社ビル(東京都港区東新橋1-8-1)
アクセス
※会場はDBIC Tokyoではないためご注意ください

対象

DBICメンバー企業の中で新規事業担当者、事業部責任者、デザイナー、次世代経営人材など、次の時代を導くために必要なマインドや思考を身に付けたいと思う方

参加費と参加者の調整要領

DBICメンバー企業1社につき、1名=1ワークショップは無料

  • 申し込みが20社20名を超える場合は抽選とします。
  • DBIC枠が空いている場合は、2名以上または2ワークショップ以上の無料での参加が可能です。空いていない場合は有料の一般参加としてCIIDに直接お申し込みいただきます。
  • さらにワークショップ毎の定員がありますので、ご希望のワークショップが満席になった場合は調整をお願いすることがあります。

締め切り

2019年12月18日(水)17:00

お申込み方法

DBICイベント事務局からのメンバー向けに配信するメールにてご案内のURLよりお申し込みください。
※備考欄に参加者氏名のローマ字表記と希望するワークショップのコース、2名以上参加希望の場合の優先順位をご記入ください。
※CIIDウェブサイトからの一般参加枠で申し込んだ場合はDBIC専用枠になりませんのでご注意ください

広報写真撮影について

イベント開催中にはDBICスタッフが広報写真を撮影し、Facebook等への掲載を行ないます。お顔出し不可の場合は前日までにメール(eventmaster@dbic.jp)にてご連絡いただくか、当日イベント開始前にお近くのDBICスタッフまでお声がけください。

メンバー企業を募集しています

DBICが開催するイベントに関する記事をご覧いただき、ありがとうございます。DBICでは理念や活動に賛同してご協力くださるメンバー企業を募集しています。「入会お問い合わせページ」よりお気軽にお問い合わせください。

最新のDBICメンバー企業様一覧もあわせてご確認ください。