【終了】横塚裕志が聞きたいシリーズ第22回 「サステナビリティ」というディスラプション リアルとオンラインのハイブリッド開催

開催日: 2020年7月1日(水)

数年前から日本に入ってきた「サステナビリティ経営」や社会、環境、ガバナンスを重視する「ESG投資」の概念は、日本では「社会からの要請に応える」という社会貢献として理解されていることも多い。だが、国外では「不可避的な長期的ディスラプション(破壊的変革)に備えるための事業変革」と捉えられ、新型コロナウイルスによりその動きは加速している。GAFAMや中国のBATなどの事例を参考に、サステナビリティからイノベーションを発掘する事業改革のあり方を考えていく。

スピーカーのご紹介


夫馬 賢治
株式会社ニューラルCEO。サステナビリティ経営・ESG投資アドバイザー。著書に『ESG思考』(講談社+α新書)、『いちばんやさしいSDGs入門』(共著、宝島社)。ハーバード大学大学院リベラルアーツ(サステナビリティ専攻)修士。サンダーバード・グローバル経営大学院MBA。東京大学教養学部(国際関係論専攻)卒。環境省ESGファイナンス・アワード選定委員や国際会議での有識者委員を歴任。ニュースサイト「Sustainable Japan」編集長。サステナビリティ観点での経営戦略、IR、リスクマネジメント、マーケティング、ブランディング、R&D戦略等のアドバイザーや顧問、理事の依頼を、大手上場企業や機関投資家、広告代理店、国際NGOから幅広く受けている。CNN、NHK、日本テレビ等への出演や、フィナンシャル・タイムズ、エコノミスト、日本経済新聞への取材対応、国内・海外での講演も多数。

横塚裕志のコメント

「ESG思考」の著者をお招きします。社会課題をビジネスにする欧米の経営哲学を学びましょう。

日時

2020年7月1日(水)

DBIC Tokyoでの集合セミナーとZoomによるオンライン開催
16:00〜18:00 プレゼンテーション&ディスカッション

「横塚裕志が聞きたいシリーズ」とは?
「世の中の変化を正しく捉え、国内企業のデジタル活用を支えたい」というDBIC代表の横塚の思いからスタートした「横塚裕志が聞きたいシリーズ」。
横塚がチョイスしたデジタル社会で勝ち残るために知っておくべき情報について、先進企業やベンダー企業のリアルな声を皆さまにお届けし、ディスカッションの場をご提供します。

会場

DBIC Tokyoでの集合セミナーとZoomによるオンライン開催
・DBIC Tokyo
東京都中央区日本橋1-16-3 日本橋木村ビル4F
アクセス
※1F奥にあるインターフォンで「403」を呼び出してください
・Zoomによるオンライン開催

対象

DBICメンバー企業/DBIC休会企業/DBICサポーター

参加費

無料

お申込み方法

DBICイベント事務局からのメンバー向けに配信するメールにてご案内のURLからDBIC Tokyoに来館してのご参加かZoomでのご参加に分けてお申し込みください。