ページ内を移動するためのリンクです。

開催終了

アジャイル・リーダーシップ~日本のクリティカルポイント「アジリティ」俊敏な組織をつくるリーダの輩出が急務 開催

  • 開催日

    2021年10月12日(火)~11月23日(火) 【体験会】10/12(火)11:30-13:30 
    【本講座】全4回
    10/26,11/9,11/16,11/23(全て火曜日)14:00-17:00
    ・ビジネス・アジリティが必要な理由、モチベーションとエンゲージメント
    ・権限移譲とエンパワーメント、学習とコンピテンシー
    ・価値観と文化、成功と失敗、メトリクスとOKR
    ・リーン・チェンジマネジメント
    <応募期限>
    【体験会】10月11日(月) 17: 00まで
    【本講座】10月19日(火) 17: 00まで

  • 場所

    オンライン
    使用ツール:ZoomとMURAL(オンラインボード)
    URLは参加者宛に前営業日までにご案内します。

  • 費用

    【体験会】無料
    【本講座】1社1名まで無料、(2名以上10万円(税別)/人)

  • 対象

    DBIC メンバー企業
    ・オンライン・グループワークを主体的に参加できる方(顔出し推奨)
    ・原則、全ての回にご参加できる方

  • 人数

    【体験会】制限なし
    【本講座】 20名(原則1社1名まで)
     申込状況により各社1名を超える場合は抽選とし、調整させていただきます。
    開催の7日前までには結果をお知らせいたします。

  • 備考

    <受講にあたっての事前準備> 
    自分の地図を作成提出してもらいます

    講座は日本語で実施します。

  • 申込方法

    メンバー向けに配信するメールからご案内のURLよりお申し込みください。

概要

アジャイルの本質は、スピードだけではない。価値あるものを創るために無駄を省き、柔軟であり、変化よりは適用の方が的を射ている。

ビジネスアジリティとは、「事業構造を外部の環境変化に対して素早く適応させることを可能にする組織能力」と言われています。ただスピードが速いというよりは「状況に合わせて速やかに変わることであり、適応すること」ということが本質であり、「いろいろな環境に対応しながら結果的に速い」ことを理解する必要があります。

多くのアジャイルフレームワークが提供するHOWではなく、チームで一貫したマネジメントの役割や要素が含まれるさまざまなプラクティスを実践しながら習得するためのオンラインワークショップ講座になります。

具体的には思いやり、挑戦成果を出したいチームになるための新しい考え方を理解し、あなたが直面している変化・変革の課題に必要な最善のアプローチを見つけ出します。

  • どうしたらアジャイルな方法で複雑な組織を変えることができるのか
  • 複雑なチェンジ・マネジメントプログラムにどうすればアジャイル手法を適用すればいいのか
  • 透明性があり、包括的であることによって、組織内に信頼とサポートを生み出せばいいのか
  • 実践ツールを使い、俊敏な組織になるためのより多くのプラクティスを学び、実践行動を実験する習慣を得る

どのように「ビジネス・アジリティ」を体現できるかをご経験ください。

背景

DBICは、国内のほとんどの企業でDXがなかなか進捗しない原因を探る中で、そのクリティカルポイントである「企業の俊敏性(アジリティ)」において、日本は世界に比べ極端に低く63か国中最下位ということを IMDレポートで報告しました。 (参考『VISION PAPER「未来へ向けての提言」』 2020年7月発刊

アジリティの根幹である社会の複雑性と不確実な時代の変化への適用には個人の自律セルフマネジメントが不可欠です。

全員が変化に対応し、より自発的にリーダーシップを発揮するため、実践を通して具体的に楽しく学びます。「現状打破したい職場の課題」への変革の取り組みを作っていきます。

対象

DBICメンバー企業

  • オンライン・グループワークを主体的に参加できる方(顔出し推奨)
  • 俊敏な組織チームを作りたい方
  • 変革の実践者(チェンジエージェント) 、変革を学びたい方
  • 原則、全ての回にご参加できる方

※本講座は、全4回すべてにご参加し、有志によるリフレクションに1時間程度の振り返りができる方に限定いたします。

開催日程

【体験会】
2021年10月12日(火)11:30-13:30
マネジメントとリーダーシップ ワークショップ

【本講座】
全4回 ※いずれの日程も火曜14:00-17:00 開催

■Day1
2021年10月26日(火)
ビジネス・アジリティが必要な理由、モチベーションとエンゲージメント
 ■Day1.5 リフレクション(有志)10/28木 18:00-19:00

■Day2
2021年11月9日(火)
権限移譲とエンパワーメント、学習とコンピテンシー
 ■Day2.5 リフレクション(有志)11/11木 18:00-19:00

■Day3
2021年11月16日(火) 
価値観と文化、成功と失敗、メトリクスとOKR
 ■Day3.5 リフレクション(有志)11/25木 18:00-19:00

■Day4
2021年11月29日(月)メイン
2021年11月30日(火)サブ
 ■Day4.5 リフレクション(有志)12/8 水 18:00-19:00

※原則、全ての回にご参加ください。

前回の参加者の声

今回も新しい気づきがあり、気づきを実践したいと思います。参加して良かったです。

学んだフレームワークを使ったワークショップを社内有志でやってみようと思います。

本ワークと現実の乖離に気付いて焦りつつもあります。

講師ご紹介

ステファン・ニュースペリング氏
ドイツ出身。プロジェクトリーダーシップ、チェンジマネジメントおよびManagement 3.0で10年以上の経験を持つITプロフェッショナル。 日本、韓国、ドイツのアジャイルソフトウェア開発と同様にマネジメントの分野で多国籍企業と協働する経験を持つ。 認定スクラムマスター日本の最初のライセンスManagement 3.0ファシリテーター および唯一のリーン・チェンジマネジメント ファシリテーター, 日本の組織に積極的な変化・変革をもたらしたいと強く思い、従業員の幸せと有意義なビジネスこそ顧客が満足するサービスと製品を生み出すと信じている。3つのステークホルダーすべてに利益をもたらす「三方良し」の考え方を大切にしている。
鹿嶋 康由
DBICディレクター
2016年から2年間スイスのジュネーブに赴任中に、エンタープライズアジャイルへの変革に従事、 Management 3.0をLondonで学ぶ。事業会社IT部門のスクラップ&ビルド~子会社売却からIT組織再生、グローバル統合までを経験した30年以上のコーポレート変革の経験を持つ組織開発、リーンチェンジ、コーチ、ファシリテーションのプロフェッショナル。アジャイルリーダーシップとは人と組織のエンゲージメントするリーダのチーム作りであり、日本の組織に幸せにすることである。アジャイルのプラクティスを切り口にデジタル・トランスフォーメーションを契機としたオープンイノベーションが立ち上げ構築する人財輩出することをライフワークに活動している。

開催概要

  • 名称

    アジャイル・リーダーシップ~日本のクリティカルポイント「アジリティ」俊敏な組織をつくるリーダの輩出が急務 開催

  • 開催日

    2021年10月12日(火)~11月23日(火) 【体験会】10/12(火)11:30-13:30 
    【本講座】全4回
    10/26,11/9,11/16,11/23(全て火曜日)14:00-17:00
    ・ビジネス・アジリティが必要な理由、モチベーションとエンゲージメント
    ・権限移譲とエンパワーメント、学習とコンピテンシー
    ・価値観と文化、成功と失敗、メトリクスとOKR
    ・リーン・チェンジマネジメント
    <応募期限>
    【体験会】10月11日(月) 17: 00まで
    【本講座】10月19日(火) 17: 00まで

  • 場所

    オンライン
    使用ツール:ZoomとMURAL(オンラインボード)
    URLは参加者宛に前営業日までにご案内します。

  • 費用

    【体験会】無料
    【本講座】1社1名まで無料、(2名以上10万円(税別)/人)

  • 対象

    DBIC メンバー企業
    ・オンライン・グループワークを主体的に参加できる方(顔出し推奨)
    ・原則、全ての回にご参加できる方

  • 人数

    【体験会】制限なし
    【本講座】 20名(原則1社1名まで)
     申込状況により各社1名を超える場合は抽選とし、調整させていただきます。
    開催の7日前までには結果をお知らせいたします。

  • 備考

    <受講にあたっての事前準備> 
    自分の地図を作成提出してもらいます

    講座は日本語で実施します。

  • 申込方法

    メンバー向けに配信するメールからご案内のURLよりお申し込みください。