【終了】「IMDの競争力ランキングを読み、日本の未来を洞察する」(オンライン開催)

開催日: 2020年7月9日(木)

IMDの「世界競争力ランキング」と「世界デジタル競争力ランキング」の分析を起点に、私たちデジタルビジネス・イノベーションセンター(DBIC)では、私たちのこれまで4年の活動を振り返り、「日本がなぜこのような評価を受けているのか」、「世界で未来への競争力を上げるために今後、日本の我々は何をしていかなければならない」のかを洞察しました。そして、それを、日本の組織的なトランスフォーメーション推進のための「DBICビジョンペーパー」として分析および提言にまとめました。

そこで今回、提言の執筆者であるDBICの横塚裕志代表と西野弘共同創設者が、競争力分析部分の執筆者であるIMDの高津尚志北東アジア代表を招き、日経BP社デジタルコンテンツ局長、元日経ビジネス編集長の田村 俊一氏をコーディネーターに迎え、「DBICビジョンペーパー」に基づき、これからの未来を語ります。

背景

深い提携関係にあるIMDの世界競争力センターが毎年発表している「世界競争力ランキング」で日本の順位が年々低下し、2020年6月18日に発表された順位はついに34位となりました。デジタルビジネスイノベーシ ョンセンター(DBIC)を2016年5月に設立してから4年が経過しました。設立当初から世界が歴史的な大転換点に直面していると考え、日本企業のトランスフォーメーションおよびソーシャルイノベーションを推進してきました。今回はその想いをビジョンペーパーという形で世の中に問うことにしました。
資料:「DBICビジョンペーパー」のダウンロードは登録される方に後日ご連絡いたします。

プログラム

第1部:IMD 世界競争力ランキングの分析 日本の34位から見える世界
第2部:パネルセッション 『いま何をすべきか』~「世界で未来への競争力を上げるには何をせねばならないのか」
 【パネラー】
 提言の執筆者 : DBIC 横塚裕志代表、西野弘共同創設者
 競争力分析部分の執筆者 : IMD 高津尚志北東アジア代表
 コーディネーター : 日経BP社デジタルコンテンツ局長、元日経ビジネス編集長
 田村 俊一氏

第3部:QAセッション
※セッション内容は状況により変更となる可能性があります。

開催概要

開催日:2020年7月9日(木)16:30〜18:00

会場

Youtube/Zoomによるオンライン開催
動画視聴方法につきましては、お申し込みいただいた方へのみご案内させていただきます。

対象

DBICメンバー企業/ DBIC休会会社/DBICサポーター

参加費

無料

定員

定員の制限はありません

お申込み方法

次のPeatixのサイトで詳細情報の確認と申し込みをしてくださるようお願いします。DBIC休会企業の方はDBIC会員としてお申し込みください。
申し込みページはこちら