2017年11月27日 『対デジタル・ディスラプター戦略』出版記念 デジタルビジネス・カンファレンス2017

2017.10.31

DBIC-IMDデジタルビジネス・トランスフォーメーションプログラムの講師マイケル・ウェイド教授の著書『対デジタル・ディスラプター戦略 ― 既存企業の戦い方』の発売を受け、日本経済新聞出版社、シスコシステムズ合同会社、IMDの共催による出版記念イベントが開催されます(先着200名を無料ご招待)。

参加ご希望のDBICメンバー企業の皆様は、DBICメンバー企業専用のイベント登録サイトよりお申し込みください。

書籍紹介


『対デジタル・ディスラプター戦略 ― 既存企業の戦い方』
マイケル・ウェイド 他著
根来龍之監訳、武藤陽生、デジタルビジネス・イノベーションセンター訳
本体価格2,000円 / 発売中

イベント概要

ITとは無縁だと思われていたタクシー業界やホテル業界。デジタル・ディスラプター(破壊的イノベーター)が現れ、業界の競争基盤を破壊してしまうと、いったい誰が予想したでしょうか。

いまや「デジタル・ディスラプション」は、あらゆる業界をのみ込もうとしています。既存企業は、デジタル化がもたらすこの「破壊の力学」にどう対応すればよいのでしょうか。カンファレンスでは、この問題について既存企業の視点から議論します。

  • 既存企業は、なぜ、どのようにして苦戦を強いられるのか?
  • デジタルがもたらす「新たな価値提案」とは?
  • ディスラプターは、どのような「デジタル・ビジネスモデル」で攻めてくるか?
  • 破壊された市場で、既存企業が利益を享受できる「価値の空白地帯」とは?
  • 既存企業が採るべき「4つの対応戦略」とは?
  • 反撃に打って出るために不可欠な「3つの組織能力」とは?

早稲田大学ビジネススクール教授の根来龍之氏、デジタルビジネス・イノベーションセンター副代表の西野弘氏による基調講演と、実践に携わるエキスパートの方々によるパネルディスカッションを予定しております。座席には限りがございますので、お早目にご登録ください。

日時

2017年11月27日(月)13時~
※詳細なタイムテーブルはイベント登録サイトをご参照ください

会場

シスコシステムズ合同会社 東京オフィス
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー

定員

先着200名様を無料ご招待

お申し込み

イベント登録サイトよりお申し込みください。

DBICメンバー企業の皆様は、DBICメンバー企業専用のイベント登録サイトよりお申し込みください。

主催

日本経済新聞出版社、シスコシステムズ合同会社、IMD

協力

デジタルビジネス・イノベーションセンター