横塚裕志が聞きたいシリーズ 第8回 「人生100歳時代のシニア向けデジタルビジネスのあり方」

開催日: 2018年3月1日(木)

急速に進む高齢化社会において、シニアが自立・自活して元気にいるためには「全てのシニアがインターネットでつながる」ことが大切です。

ご家族と同居していたとしても、日中は孤独状態になりがちです。孤立は認知症にもつながります。シニアこそインターネットの活用が重要ですが、実際には「インターネットは怖い」と感じる高齢者が多くいらっしゃるのが現状です。

アイオーシニアズジャパンは「IoS(Internet of Seniors)」をキーワードに、大手企業向けに高齢化社会時代でのICTの在り方を提言します。

シニアの気持ちに寄り添ったサービスとはどんなものか? シニア向けの説明として難しすぎないか? シニア用の商品であることがわかりやすく明示されているか? などの切り口から「シニアのシニアによるシニアのためのビジネス」を共に考えましょう。

スピーカーのご紹介


一般社団法人アイオーシニアズジャパン 代表理事
牧 壮(まき たけし)様
1936年山口県下関市生まれ。1960年慶應義塾大学工学部卒業。旭化成に入社。旭メディカル株式会社常務、シーメンス旭メディテック株式会社副社長、旭化成情報システム株式会社社長を歴任。著書に「iPadで65歳からの毎日を10倍愉しくする私の方法」などがある。

横塚裕志のコメント

65歳以上の人口が全体の30%になる時代に、シニアをしっかり意識したサービス・商品にしていくことは成功の必須条件だと思う。81歳の牧さんの事実に基づくお話に耳を傾けてみよう。多くのヒントが隠されていると思う。

タイムテーブル:

2018年3月1日(木)
15:30 ドアオープン
16:00〜17:00 プレゼンテーション
17:00〜18:00 ディスカッション
18:00〜19:00 懇親会

「横塚裕志が聞きたいシリーズ」とは?
「世の中の変化を正しく捉え、国内企業のデジタル活用を支えたい」というDBIC代表の横塚の思いからスタートした「横塚裕志が聞きたいシリーズ」。
横塚がチョイスしたデジタル社会で勝ち残るために知っておくべき情報について、先進企業やベンダー企業のリアルな声を皆さまにお届けし、ディスカッションの場をご提供します。

会場

DBIC/OG(東京都港区虎ノ門2-8-10 虎ノ門15森ビル2F CeFIL内)
アクセス

対象

DBICメンバー企業/TPFメンバー

参加費

無料

お申込み方法

DBICイベント事務局からのメンバー向けに配信するメールにてご案内のURLよりお申し込みください。

広報写真撮影について

イベント開催中にはDBICスタッフが広報写真を撮影し、Facebook等への掲載を行ないます。お顔出し不可の場合は前日までにメール(eventmaster@dbic.jp)にてご連絡いただくか、当日イベント開始前にお近くのDBICスタッフまでお声がけください。

メンバー企業を募集しています

DBICが開催するイベントに関する記事をご覧いただき、ありがとうございます。DBICでは理念や活動に賛同してご協力くださるメンバー企業を募集しています。「入会お問い合わせページ」よりお気軽にお問い合わせください。

最新のDBICメンバー企業様一覧もあわせてご確認ください。