【終了】ものづくりの産業構造について考える有識者ミーティング(全3回)

開催日: 2018年3月14日(水)スタート

経済産業省の若手職員とDBICメンバー企業(産業界)の有識者が、ものづくりの産業構造についてオペレーションとメンテナンス(O&M)の視点から意見交換するプログラムを開催します。

今後の産業のあるべき姿についてマクロとミクロの両側面から理解を深めることで、今後の産業政策や経営戦略の策定に生かすことを目的としています。

プラント関係の保安が主なテーマになりますが、新規事業、海外展開などについて異業種視点での議論も歓迎します。業種を問わず幅広いお立場からの参加をお待ちしております。

スケジュール

※各プログラムの内容は一部変更となる場合もございます

第1回
2018年3月14日(水)
16:00〜18:00

※終了後に懇親会あり
経産省若手が考える今後のものづくり産業と現状の課題

  • O&Mは独立し得るか/企業にとって必要な未来なのか
  • O&Mの独立が必要であれば、何をトリガーに企業はそれを決断するのか
  • あなたがこの業界の方なら、どのプレイヤー(自由)として、どうやって稼ぎに行くか
第2回
2018年4月11日(水)
16:00〜18:00
今後のものづくり産業の未来像

  • O&Mが独立した世界を前提として、それぞれのプレーヤーがどのようにビジネスを行うかチームに分かれシミュレーション
  • シミュレーション結果を各チーム発表。それぞれの動きが相互にどう作用するのかを全体討議し、未来の産業構造をイメージ
第3回
2018年5月16日(水)
16:00〜18:00
望ましい未来像を実現するための政府と企業のアクションプラン

  • 第2回で議論した未来を実現するべく、政府と企業が取るべきアクションについてそれぞれ検討
  • 政府と企業が取るべきアクションについて各チーム発表。それぞれの考えをすり合わせ、日本として取るべきアクションプランについて検討

会場

DBIC/虎ノ門OG(東京都港区虎ノ門2-8-10 虎ノ門15森ビル2F CeFIL内)
アクセス

対象

DBICメンバー企業
全3回のミーティングに参加いただける方
また、以下に該当する方が望ましいですが、必須条件ではございませんのでお気軽にご参加ください:

  • 保安の現場経験がある、一定の見識をお持ちの方
  • ビジネスの視点から保安産業について意見を言っていただける方

定員

20名程度

参加費

無料

お申込み方法

DBICイベント事務局からのメンバー向けに配信するメールにてご案内のURLよりお申し込みください。

広報写真撮影について

イベント開催中にはDBICスタッフが広報写真を撮影し、Facebook等への掲載を行ないます。お顔出し不可の場合は前日までにメール(eventmaster@dbic.jp)にてご連絡いただくか、当日イベント開始前にお近くのDBICスタッフまでお声がけください。

メンバー企業を募集しています

DBICが開催するイベントに関する記事をご覧いただき、ありがとうございます。DBICでは理念や活動に賛同してご協力くださるメンバー企業を募集しています。「入会お問い合わせページ」よりお気軽にお問い合わせください。

最新のDBICメンバー企業様一覧もあわせてご確認ください。