【終了】横塚裕志が聞きたいシリーズ 第9回 「義足アスリート:『器具×人間の力』が未来を拓く」

開催日: 2018年4月19日(木)

世界では約500万人が事故や病気によって下肢の切断を余儀なくされています。

その中にはスポーツ用義足を駆使して、健常者に肉薄するほどのパフォーマンスを有するアスリートも出現しています。

義足アスリートが健常者を打ち負かす未来、そのとき「スポーツ」や「テクノロジー」、「障害」という言葉の定義はどうなるのでしょうか?

当日の発表では彼らの驚くべき身体能力を紹介したのち、2020年以降の社会について再考してみます。

スピーカーのご紹介


国立研究開発法人 産業技術総合研究所 主任研究員
保原 浩明(ほばら ひろあき)様
1980年宮城県松島町出身。2008年早稲田大学にて博士号取得後、国立障害者リハビリセンター、米メリーランド大学研究員を経て、産業技術総合研究所に入所。
現在は北米・欧州を中心にスポーツ用義足に関する研究発表を行っている。2013年には国際バイオメカニクス学会よりPromising Young Scientist Awardを受賞。
専門はバイオメカニクス。

横塚裕志のコメント

「街の中を平気で義足のまま歩ける日本にしたい」という彼の熱い想いに魅了されます。

タイムテーブル:

2018年4月19日(木)
15:30 ドアオープン
16:00〜18:00 プレゼンテーション&ディスカッション
18:00〜19:00 懇親会

「横塚裕志が聞きたいシリーズ」とは?
「世の中の変化を正しく捉え、国内企業のデジタル活用を支えたい」というDBIC代表の横塚の思いからスタートした「横塚裕志が聞きたいシリーズ」。
横塚がチョイスしたデジタル社会で勝ち残るために知っておくべき情報について、先進企業やベンダー企業のリアルな声を皆さまにお届けし、ディスカッションの場をご提供します。

会場

DBIC/OG(東京都港区虎ノ門2-8-10 虎ノ門15森ビル2F CeFIL内)
アクセス

対象

DBICメンバー企業/TPFメンバー

参加費

無料

お申込み方法

DBICイベント事務局からのメンバー向けに配信するメールにてご案内のURLよりお申し込みください。

広報写真撮影について

イベント開催中にはDBICスタッフが広報写真を撮影し、Facebook等への掲載を行ないます。お顔出し不可の場合は前日までにメール(eventmaster@dbic.jp)にてご連絡いただくか、当日イベント開始前にお近くのDBICスタッフまでお声がけください。

メンバー企業を募集しています

DBICが開催するイベントに関する記事をご覧いただき、ありがとうございます。DBICでは理念や活動に賛同してご協力くださるメンバー企業を募集しています。「入会お問い合わせページ」よりお気軽にお問い合わせください。

最新のDBICメンバー企業様一覧もあわせてご確認ください。