企業変革実践シリーズ(第1回) オンライン開催 ESG・イノベーション・人事制度の統合

開催日: 2020年9月8日(火)

「横塚裕志が聞きたいシリーズ」ではイノベーターの「マインド」を感じていただくことを主眼にしてきましたが、DBIC2020では次のステップとして企業がイノベーションを実践できるように支援・推進していきます。

具体的なDBIC活動の一つとしてDBIC代表横塚が新シリーズ「企業変革実践シリーズ」を企画しました。
企業変革を実践する方々に対して、変革を実践するときに必要な「知恵」をご提供することをテーマとして進めます。
課題ごとに専門性の高い方をお招きして「それぞれの変革課題の本質」を語っていただき、それをヒントに各社の変革に取り組んでいただきたいと考えます。

第1回目は、「人事制度改革」を取り上げます。
日本企業独特の「職能資格制度」は30年前の遺物ともいわれていますが、しかし、この制度の問題点や改革の方向性についてはあまり議論されていないようにも思います。
コロナ禍でまた形ばかりのジョブ型を真似てみても本質的な変革にならない危険性もあります。グローバル企業の人事制度と日本を比較しながら、これからの競争力向上に向けてのあるべき人事制度を探っていきたいと思います。
ぜひ、人事部にもお声掛けいただき、問題意識を社内共有していただければと思います。

タイトル

「ESG・イノベーション・人事制度の統合」

概要

ESGの「S」の大半を占める企業人事の評価。最も問われているのは、グローバル化とイノベーションを起こす力だということはあまり知られていない。一方、人材の質に関する評価で日本企業は年々ランキング順位を落としている。一体何が求められているのか。何を変えなければいけないのか。ESG、イノベーション、人事制度の3つを統合させるポイントを解説する。

講師

夫馬 賢治
株式会社ニューラルCEO。サステナビリティ経営・ESG投資アドバイザー。著書に『ESG思考』(講談社+α新書)、『いちばんやさしいSDGs入門』(共著、宝島社)。ハーバード大学大学院リベラルアーツ(サステナビリティ専攻)修士。サンダーバード・グローバル経営大学院MBA。東京大学教養学部(国際関係論専攻)卒。環境省ESGファイナンス・アワード選定委員や国際会議での有識者委員を歴任。ニュースサイト「Sustainable Japan」編集長。サステナビリティ観点での経営戦略、IR、リスクマネジメント、マーケティング、ブランディング、R&D戦略等のアドバイザーや顧問、理事の依頼を、大手上場企業や機関投資家、広告代理店、国際NGOから幅広く受けている。CNN、NHK、日本テレビ等への出演や、フィナンシャル・タイムズ、エコノミスト、日本経済新聞への取材対応、国内・海外での講演も多数。

日時

2020年9月8日(火)
16:00~18:00

会場

本講座はZoomを使いオンラインにて開催します。
詳細については参加を申し込まれた方宛に別途事務局からメールでご案内します。

対象

DBICメンバー企業/DBIC休会企業/DBICサポーター
若手から幹部の方までどなたでもご参加ください。

参加費

無料

お申込み方法

DBICイベント事務局からのメンバー向けに配信するメールにてご案内のURLよりお申し込みください。

第2回開催予告
日時:10月8日(木)16:00~18:00
講師山本政樹氏(株式会社エル・ティー・エス執行役員)
「Process Visionary」の著者である山本政樹氏をお招きし「ビジネスプロセス改革」をテーマにお話し頂きます。