DBIC-IMDデジタルラーニング

DBICでは世界トップクラスのビジネススクールIMD(International Institute for Management Development)とパートナーシップを結び、デジタルラーニングとリアル講義を組み合わせた「DBIC-IMD デジタルビジネス・トランスフォーメーションプログラム」を開催しています。

並行して2019年7月からは、デジタルラーニングだけに特化した40時間(約8週間)の「DBIC-IMDデジタルラーニング」がスタート予定です。

受講者全員が同じタイミングで一斉にスタートする、専任コーチが付など、デジタルラーニングでもチーム感覚を維持しながら最後まで走り抜くことができる仕掛けが用意されています。海外を含む東京以外に勤務されている場合でも参加できるのが魅力です。

前半の内容は「DBIC-IMD デジタルビジネス・トランスフォーメーションプログラム」と共通です。教材は日本語に翻訳したものを使用。その他の特徴については、IMDデジタルラーニング部門のディレクターであるポール・ハンター氏による講演レポートをご参照ください。

・【レポート】IMD特別セミナー:オンライン学習を機能させる7つの視点

対象

DBICメンバー企業

参加費

参加者ひとりにつき約30〜40万円を予定

次回開催予定とお申込み方法

次回開催予定、お申込み方法については本ページ下部の「次回開催」欄からご参照ください。
※お申込み受付前はクリックできませんのでご注意ください