マインドセットプログラム

マインドセット系プログラム構成について

DBICでは2020年度からマインドセットを学ぶためのプログラムを再構成しました。インベーションに取り組む皆様がより実践的に学べるように、オンラインでの提供を強化しています。とくにイーラーニングに関しては参加人数の制限はなく、会員企業の方であればどなたでも何回でも参加していただけます。ワークショップについてもオンラインの特性を活かし、1回あたりの定員を大幅に増やして学習機会を広く提供して行きます。

プログラムの詳しい説明は以下動画をご覧ください。

詳細説明資料はこちらからダウンロードをお願いします。
DBICマインドセット系プログラム説明_2020年8月
DBICマインドセット系プログラム説明_2020年8月(抜粋版)

プログラムの背景

イノベーションを創出するためには経営トップ、ビジネスモデル、そして「個」の力が必要です。2020年7月に発行した「DBIC ビジョンペーパー」の提言にある通り、個人を解き放ち、能力を存分に行動に移していくこと。そしてタブーを恐れない新たな価値づくりにまい進する人材をイノベーターに転換することが求められています。そのためにはまず、イノベーターとしてのマインドセット=“気づき”を得て成長・発達し続けるための認知能力を作り直すことが不可欠です。本プログラムは未来を似合うイノベーター候補すべての方に対し、マインドセットを学び、身に付け、実践につなげていく機会を広く提供しています。

 参考)DBIC ビジョンペーパー https://info.dbic.jp/dbic-vision-paper

講師


DBICディレクター 渋谷 健
「事業に脚本を」をコンセプトに、関東と九州の2拠点を軸に全国各地でプロのファシリテーターとして活動展開。主に産学官民金言連携やオープンイノベーションをテーマとした行政政策や企業戦略の立案・実行に関わっています。参考資料:「かせぐまちづくり」(DBIC「地方創生研究会(2017年度)」関連成果物)

主なファシリテーションによる成果実績

次回開催予定とお申込み方法

次回開催予定、お申込み方法については本ページ下部の「次回開催」欄からご参照ください。
※お申込み受付前はクリックできませんのでご注意ください