Social Innovation by Design /
社会課題をデザインの力で解決する

VUCAと呼ばれる不確定で複雑な時代において、社会課題の定義や解決は簡単なことではありません。見える範囲だけの問題を対症療法的に解決しても、根本的な原因が消えることはないのです。

だからこそ、社会課題を関知し、可視化し、問題提起し、POCとして実証してみることで、「持続可能性」を持った課題解決を目指す必要があります。これによって、主体となる企業自身の持続的発展が可能となるのです。

そのときに必要とされるのは、「デザイニングの力」ではないかとDBICは考えています。表層的な「スタイリング」としてのデザインではなく、状況を整理し、目的を定義し、解決方法を提案する、という本来の「デザイン」の力を使って社会課題を解決していきます。

プロジェクトメンバーの募集

社会課題解決のプロジェクトについては、DBICがオーナーシップを持ってプロジェクトを推進します。特に、DBICの持つ国内外でのイノベーションネットワークは、他の組織にはない強みになるはずです。