Social Innovation by Design /
社会課題をデザインの力で解決する

社会課題を関知し、可視化し、問題提起し、POCとして実証することで、ビジネスとして持続可能性のある課題解決を目指す。その際に対処療法にならないよう、デザイニングの力を応用する。

サービス名 講師 特徴 次回開催
発達障がい・睡眠障がい 国立障害者リハビリテーションセンター病院 西牧謙吾病院長 ほか 「発達障がい・睡眠障がい」をテーマにしたソーシャルイノベーションプロジェクト 開催日程調整中
働く女性の健康 DBICディレクター 岩井秀樹、西部沙緒里(株式会社ライフサカス)ほか 働く女性が健康問題に関して適切な支援を得ることで、能力を最大限発揮しキャリアを築いていくためのデザイン 開催日程調整中
社会課題を感じるシリーズ ゲスト講師 DBIC代表の横塚裕志が主導し、社会課題「感じる」ことで自分事として向き合っていくためのプログラム 開催日程調整中
デジタルヘルス学会 シェアメディカルCEO 峯 啓真様ほか 医療、ビジネス、学術界、行政が次世代医療に向けた活動に取り組むプラットフォーム 開催日程調整中