デジタルヘルス学会(仮称)

株式会社シェアメディカルは聴診器デジタル化ユニット「ハミングバード」を開発し、デジタル化された診療データを活用した遠隔医療、複数医師による診療、AIに代表されるソフトウェア解析など、医療イノベーションを目指しています。

この度、同社CEOの峯 啓真様を中心とし、医療、ビジネス、学術界、行政など複数領域のプレイヤーが連携して次世代医療に向けた活動を行うためのプラットフォーム「デジタルヘルス学会(仮称)」の創設が決定しました。

ヘルスケアに関するテクノロジー全般について、効果的な情報交換やソリューション提案を目的として活動します。


DBIC代表の横塚裕志(左)、シェアメディカルCEOの峯 啓真様(右)

対象

DBICメンバー企業、DBICサポーター

参加費

無料

次回開催予定とお申込み方法

次回開催予定、お申込み方法については本ページ下部の「次回開催」欄からご参照ください。
※お申込み受付前はクリックできませんのでご注意ください