ページ内を移動するためのリンクです。

社会課題を感じるシリーズ

社会課題を感じるシリーズとは

社会課題をテーマにして、その解決策を「ビジネス」というエンジンで稼働させれば、サステイナブルな解決事業となり、優しい社会・優しい地球を再生していくことができます。
そのために、いろんな方に集まっていただき、対話を続けていきたい。
本プログラムを「感じる」シリーズとしたのは、課題を頭で考えるのでは行き詰ってしまうので、肌感覚で感じることから始めないといけない、という思いからです。

本プログラムを通して目指すマインドセット

  • 社会課題を身近に感じることで、感度を上げていく
  • 解決策を考える経験の中で、自分の人生観との思いを巡らせる
  • 自分事として取り組みたいテーマに遭遇する

講師紹介

横塚 裕志 Yokotsuka Hiroshi
一橋大学卒業。1973年、東京海上火災保険入社。2007年に東京海上日動火災保険の常務取締役に就任、2009年に東京海上日動システムズ株式会社代表取締役社長就任。2014年より特定非営利活動法人CeFIL理事長となり、2016年にデジタルビジネス・イノベーションセンター(DBIC)を設立、以降代表を務める。DBICでは日本を代表するメンバー企業約30社と共に、DX促進や社会課題の解決に取り組んでいる。